banbanの備忘録

あったことを適当に書き残します

MacにRustをインストールして入門してみた

 お久しぶりです。banbanです。 タイトルの通り、Rust環境をMacにインストールしたので、備忘録的に残します。

Rustとは?

私が参考にした「プログラミング言語Rust」によると

Rustは安全性、速度、並行性の3つのゴールにフォーカスしたシステムプログラミング言語です。

らしいです。 もともと「メモリ安全な言語だよ〜(曖昧)」という風に聞いていて、興味がありました。 今回は、これをインストールして「Hello world!」までを試してみました。

インストール

まずは、Rustのコンパイラをインストールする必要があります。

curl https://sh.rustup.rs -sSf | sh

これでインストールが始まります。とっても簡単!!
途中、一度だけ以下のような選択を求められます。

Current installation options:

   default host triple: x86_64-apple-darwin
     default toolchain: stable
  modify PATH variable: yes

1) Proceed with installation (default)
2) Customize installation
3) Cancel installation

Customizeとかよくわからないので、ここでは 1) を選択しました。
 インストールが完了すると以下のような表示がされます

// (略)

  stable installed - rustc 1.25.0 (84203cac6 2018-03-25)


Rust is installed now. Great!

To get started you need Cargo's bin directory ($HOME/.cargo/bin) in your PATH 
environment variable. Next time you log in this will be done automatically.

To configure your current shell run source $HOME/.cargo/env

とりあえずインストールできたみたいです。
一応、最後に To configure your current shell run source $HOME/.cargo/env と言われているので source $HOME/.cargo/env をそのままコピペして叩いておきます。
こうしないと、Rustをコンパイルする rustc コマンドが使えないですからね。

次は、初修言語と言えばやっぱり「Hello, World!」ですよね。 やっていきます。

Hello, World! やってみた。

はい、というわけで プログラムは、参考サイトから引っ張ってきた以下のコード

fn main() {
    println!("Hello, world!");
}

これを、hello_world.rs.rs 拡張子で保存 → コンパイル → 実行 をしてみたいと思います。 以下が叩いたコマンド

$ rustc hello_world.rs 
$ ls
hello_world hello_world.rs
$ ./hello_world 
Hello, world!

まあ、失敗する要素内ですもんね。 上手くいきました!!

これで、Rustを勉強するための環境が整ったので、これからRustでなにかしらプログラムを書いていこうと思います。

自分は、よく初修言語を学ぶために、CLIの電卓を作ります。なのでRustでもやってみようかなと思っています。 電卓は、数値計算や文字列出力、文字列入力(オプションの機能)など色々使うので、基本を学ぶための良いプログラミング題材だと思っています。

では、また進捗が出たら報告いたします。

以上

参考サイト:

プログラミング言語Rust